隠岐のちょっと変わり種


さざえ丼


隠岐の島は当たり前ですが周囲が海で岩礁が多いためサザエの宝庫でもあります。豊富に取れるサザエを使った丼は隠岐の名物ではあるのですが、実は島では私の知る限り隠岐でサザエ丼を提供する店は島前、島後を合わせても3つしかありません。そのうち1つは島前の西ノ島町にあるコンセーユというお店で旅館「みつけ島荘」の経営?になっています。以前「みつけ島荘」に泊まった事があるのですが時間の都合でコンセーユのサザエ丼を頂く事は出来ませんでした。残り2店は島後の北部の町「中村」という場所にある「さざえ村」と「あじゅまや」です。中村には冬場に出かけたのですが「さざえ村」は休業(もしかしたら冬はやってない?)だったため「あじゅまや」の物をご紹介します。
※その後経営者の替わった「りょうば」と津戸の「うみさち」でもさざえ丼がメニューに追加されたため現在はそちらでも食べる事が出来ます。「りょうば」のさざえ丼は出汁をかけて食べるお茶漬けタイプで独特の物となっています。

あじゅまや(中村)
あじゅまや(中村)
うみさち(津戸)
うみさち(津戸)
りょうば
りょうば


アベックライス


アベックライスは西郷港渡船場の交差点角にあるグリーングラスという店でのみ提供されます。しかし、このお店はお昼に開いていてもお茶のみ(食事不可)の場合が非常に多く、これまで何度となく隠岐に渡りましたがこの「アベックライス」にお目にかかれたのは1回のみでした。最近は船が着く度に取りあえず寄ってみて「今日ご飯出来ますか?」と聞いては退散するというのが習慣になっています。そんな幻の「アベックライス」食べる事ができた人には幸運が訪れるかも知れません。


グリーングラス



アオリイカしくしく


「しくしく」とは隠岐の方言で「やわらかい」の意味です。「おでん・こと」が提供する物でアオリイカの一夜干しで食感がやわらかい事から「アオリイカしくしく」と呼んでいるそうです。アオリイカ以外にも「マイカしくしく」などもあるようです。


おでん こと



竹島海鮮カレー


隠岐の島町営の施設、五箇創生館に付属する「喫茶 木かげ」でいただくことが出来ます。サザエやイカがたっぷり入った海鮮カレーの海に浮かぶ竹島の風景を形取ったカレーで島の型枠は隠岐の島町長が紙粘土で自ら作られたと言う事です。
※その後、津戸の「うみさち」で竹島海鮮アワビカレーがメニューに追加されました。が1600円という値段もあり現時点では残念ながら未食です。


五箇創生館 喫茶 木かげ